読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Islay Whisky’s blog

こだわりが強すぎて生きていきづらい40代男性の酒と趣味への逃避の記録

ウイスキーの聖地アイラ島訪問の詳細は以下のリンクから。
訪問記 アイラ島 初日 2日目 3日目
蒸留所写真  Ardbeg1 Ardbeg2 Laphroaig1 Laphroaig2 Bowmore
アイラ島写真 その1 その2 その3
アイラ島への旅行についてのアドバイス エディンバラ2日目  グラスゴー

  

バーにおける「あちらのお客様からです」についての考察

Springbank Tomatin Dalmore バー

いい大人にならないとかっこよくできないこと、というのは世の中に沢山あると思うのだが、その中でも難易度が相当高いものの一つが「一人で出かけたバーでスマートに他の方にお酒を奢る」、というのがある。

 

最難関は「バーに一人で来ている女性にお酒を奢る」、というやつであることは言うまでもない。よくある「あちらのお客様からです」ってやつは、伝書鳩にさせられるお店の方からしたらえらく迷惑だよね。女性からしてみれば「私に断らせないであんたそんなの受ける前にちゃんと遠慮してもらってよ、こんな店二度と来ない」ってなる人もいるだろう。だからバーテンダーを使うのではなく、自分で直接言わないと卑怯かもしれない。

 

だが実際に他の人が「あちらの女性にギムレットを差し上げて」とか言っているところは今まで一度も目にしたことはない。さすがに他の男性客がいるところではしないだけなのかもしれないが。なので「あちらのお客様からです」というのはおそらく都市伝説で、昭和的なたとえで言うとツチノコとかネッシーとか口裂け女のようなもの、平成の人のために説明するとみんな噂はするが実際に誰も見たことはないものなのかとずっと思っていた。

 

だが最近、ちょっと変則バージョンではあるが大事故発生の瞬間に立ち会ってしまった。店に入ると妙齢の女性が一人、その奥に50近くのおじさん一人、が先客でいた。私はL字型のカウンターの短いほうの端っこに陣取って飲み始めた。女性は何度か見たことがある方で、いつも一人でウイスキーを飲んでいる。おじさんは初めて見る顔。お店のお勧めウイスキーをショットで飲んで「これは旨い」と絶賛していたおじさんが、隣に座っていた女性に「これ、本当に旨いので一口どうぞ」と自分の飲んだグラスを渡そうとして「あ、大丈夫です~」とやんわり断られ、そこで止めておけばいいのに遠慮して断ったのかと勘違いしてさらにプッシュして完全拒絶を食らい、盛り下がってすごすごと帰っていくのを目撃。いや、羞恥心が擦り切れてきた中年男性の私でさえ、知らないおっさんの飲んだ同じグラスからウイスキー啜るのやだよ。超レアなボトルからの最後の1ショット、とかいう特殊な事情があれば考えなくはないが。

 

単純な親切心だったのならまだしも、こんな高いウイスキー、若い君は飲む機会なんてないだろうから一口飲んでみなよ、というつもりだったのなら何なのその微妙ななんちゃって太っ腹ぶりは。もし太っ腹なところを見せつつ本当に旨いウイスキーを飲んだ体験を他人と共有したいのであれば、「これ本当に美味しかったのでもう一杯頼むんですが、ご一緒にどうですか」とでも言って2杯頼んで奢ればいいのに、と思って離れたところから全く見ていないふりして超観察していた。(いや、実際に行動に移すためにノウハウ蓄積しているわけではなく、これからの人生において決して使うことのない全く役に立たない豆知識を収集しているだけなので、念のため。)

 

お店の人に奢るのは女性に奢るほどではないが、それでも難しい。その理由は、ちゃんとしたお店であればあるほど、意識しているかどうかは別にして店と客の距離感を詰めすぎないようにしている、ように思えるから。たとえば常連の客になれなれしくしすぎると、一見のお客さんの居心地が悪くなってしまう。だからこちらから店との距離を詰めて、「一杯どうですか、奢りますよ」というのはなかなか難しい。特に他のお客さんがいる前だと。そういう意味で店との関係がそれなりにしっかりと構築できてからでないと、「じゃあご一緒にいかがですか」とは言いにくい。

また私は真夜中までには引き上げるのが普通で、お店の方にお酒勧めたら朝まで働かなければならない方たちに逆に迷惑なのでは、と思う部分もある。

 

そういうわけでお店の人にお酒を奢らせていただく機会がこれまでなく、先日アラフォーを名乗るにはおこがましい歳になって初めて大人の階段を登ることに成功。(ちなみにアラフォーの上限は何歳?)

f:id:KodomoGinko:20151025202158j:image

1杯目はカクテルのニューヨーカーを頼み、2杯目は先日の宮城峡からのニッカつながりでBen Nevis。Cadenhead Small BatchのDalmore 24yoが続く。そして何飲もうかと思っていたら、「今度お店でイベントやるときに出す予定の酒があって、それが超旨いんですけどイベント終わったら絶対残っていないんで、ちょっと高いですけどいかがですか?」という素晴らしいオファーをいただいたのでオールドのSpringbank 12yoとDuncan TaylorのTomatin 33yo。この2本はなかなか飲めないけれど本当に旨いんです、とおっしゃるので、「じゃあせっかくだからみんなで飲みましょうよ、僕が持ちますんで」という流れになり、極めて自然な形で44になるのを前にして初体験を済ませることができました。