東京ウイスキー奇譚 Islay Whisky’s blog

こだわりが強すぎて生きていきづらい40代男性の酒と趣味への逃避の記録

ウイスキーの聖地アイラ島訪問の詳細は以下のリンクから。
訪問記 アイラ島 初日 2日目 3日目
蒸留所写真  Ardbeg1 Ardbeg2 Laphroaig1 Laphroaig2 Bowmore
アイラ島写真 その1 その2 その3
アイラ島への旅行についてのアドバイス エディンバラ2日目  グラスゴー

  

リベラルデモクラティックパーリーナイト(笑)

忙しい週末だった。土曜日は5時起きでロンドンから戻ってきている先輩とゴルフのはずだったのだが生憎の雨。強行するかどうか悩んだが結局先輩がキャンセルを選択。代わりに朝から飲むかホテルで朝食でも、と思ったら結局ビジターは時差ボケでもっと寝ていたいとのこと。その代わり昼からなぜか田町の串揚屋で昼飲み。せっかくロンドンから帰国しているのだからウナギでも食べればいいのに、と思ったが結局3人で一杯380円のハイボール飲みながら串揚げ食べて旧交を温める。


でも酔っぱらうわけにはいかないのだ。酒臭い赤い顔の運動員から投票のお願いされても困ってしまうでしょ?最初の会社で仕えた上司が参院選に出ていてそれも事前の予測では当落線上、そのお手伝いをしに行くことになっていた。私の政治的指向性はともかく、6年間毎朝駅前に立って自らの政策を訴え続けることを日課にしていた元上司が当落線上にいると思うと手伝わないわけにはいかない。当選した暁には特段私にいいことあるわけでもないのだが。今回無所属で立候補しているので政党助成金(というか我々の税金だが)を受け取ることもできず、選挙運動はおそらくすべて自腹。1期6年務めた現職とはいえ落選すればただの人、持ち出したコストも全てパー。

ビラは適当に配っていいわけではなく、選挙管理委員会に届け出がなされた腕章をつけた運動員だけが証紙が貼られているものだけ配っていい、というシステム。東京近郊の大ターミナル駅で演説会、それもゴルゴ13好きの副総理とハイトーンボイスの原発反対派現職大臣が応援に来る、というヘヴィ級のイベント。人だかりがどんどん大きくなってきて、広い駅構内の通路が半分埋まるぐらいの熱気。SPがたくさんいるし、地元警察の警備課からの応援も多い。そして捜査二課の人たちも。


漢字の読めない元首相は大人気。苗字の違う太郎がもう一人いたが、集客力では10倍ぐらい違う。女性のSPがついていて、絶対この人は倒せないだろうなという妙な確信を持った。

そしてすごい動員だった演説会が終わり、最後のお願いをする県庁所在地まで電車で移動。18日間の選挙運動が終わる午後8時までラストスパート。午後からずっと立ちっぱなしで腰を低くしてビラを配っていると腰が張ってくる。しかし候補者はこれを朝から晩まで18日間ぶっ通しでやっていると思うと疲れたなんて言っていられない。

だが確実にへとへとになり、9時過ぎから有志で私の大好きなシュウマイ作っている中華料理屋で打ち上げをして真夜中に帰宅。

日曜日は早起きしてトレーニングベンチでダンベル使いながら筋トレ。その後軽くジョギング。近くのスーパーで豚バラ肉と丸鶏を買って帰宅しようとしていたら、近所の安倍首相の自宅前で黒塗りの車があわただしく動き始めたので私邸前に行ってみる。昨日は副総理、今日は総理の顔が見られるかも、だ。
警備のお巡りさんに「安倍さんがそろそろお出かけになられるのですか?」と聞いたらそうです、とのこと。マジガチの警護の人たちがセンチュリーを囲み、そろそろマンションからお出ましかな、と思っていたらさっきのお巡りさんが来て「ちょっとすみません」と言われて排除されてしまう。いや、ランニングする格好で手には肉のハナマサの袋下げているだけなんだけど。まあでも警護の人からすると図体のでかいおっさんが近くにいるだけでよろしくないのだろう。公僕の仕事の邪魔しても何なので現場を離れる。

豚バラ肉を600gほど野菜とともに焼いて、バルサミコソース作って肉にかけたランチを家族で食べ、子供と遊んでいると日曜日のイベント、都内某所でのウイスキー試飲会の時間に。6月のスコットランドツアーで仕込んできたウイスキーをみんなでいただくという会。いつもは夜カウンターでご一緒する人たちに陽が高いうちからお会いする、ってのもなかなか非日常でいい。

このCadenのJuraはアタックの強い穀物感あふれる味が力強く、フィニッシュまでは比較的短いが男らしい力強さが。樽の中ではなくてボトリングされてから20年近く熟成されているのにすごい。f:id:KodomoGinko:20160712231922j:image

そして次のCadenのSmall BadgeはCaol Ilaのいいところってどんなところ?と聞かれたら挙げるであろう美点をすべて備えたといっても過言ではないCaol Ila。美しすぎる。

f:id:KodomoGinko:20160712231923j:image

そしてアイルランドのとても女性的で優しいウイスキー、Teelingで癒される。雄弁な男性の話ばかり聞いていると疲れてしまうので。

f:id:KodomoGinko:20160712231944j:image
そして次も女性的なFarclasですよ。本当に綺麗で優しい。理想的。女性の膝の上で頭を撫でられているかのような感じ。変態か。本当にスムース。

f:id:KodomoGinko:20160712232004j:image

お次はArranのミニボトル。あまり期待しないで飲んでみたら美味くてびっくり。先日飲んだシェリー樽のArranもよかった。

f:id:KodomoGinko:20160712231952j:image

そしてまたCaol Ila2連発。こちらと次のボトルは以前すでに飲んでいて、どんな感じかわかっている。この2本を購入して帰った。

f:id:KodomoGinko:20160712232027j:image

このG&MのCaol Ilaはいつ開ければいいのだろうか。自分の家で口開けするにはよっぽど特別の機会がないともったいない気がする。熟した桃の香りがするCaol Ilaなんてそうないだろう。

f:id:KodomoGinko:20160712232035j:plain

いくつかのボトルはお代わりして飲んだので、3時間で完全にへべれけに。朝筋トレしてランニングしたので背中が張っていて、酔っぱらったままマッサージ屋に行ったらうつむけになった途端に寝込んでしまったようで、気が付いたら1時間経っていて終了、と言われた。酔っぱらって寝ている間は本当にマッサージしてもらえているのかよくわからない。腰は楽になったような気もするし、そうでない気もする。そこんとこどうなっているんだろう、教えてエライ人。

千鳥足でいつもは10分ぐらいのところを倍ぐらいの時間かかって帰宅。混濁した意識の中で週刊こどもニュースのおじさんがやっている開票速報番組を見る。某県で最後の議席をぜひお願いします、と言っていた私の元上司に午後11時半ごろ当確が出て、某県最後ではなく全国最後の選挙区の議席を獲得したのを確認したのち、私の長い週末は終わった。ある意味いろいろ充実していたといってもいいかもしれない。