東京ウイスキー奇譚

こだわりが強すぎて生きていきづらい40代男性の酒と趣味への逃避の記録

ウイスキーの聖地アイラ島訪問の詳細は以下のリンクから。
訪問記 アイラ島 初日 2日目 3日目
蒸留所写真  Ardbeg1 Ardbeg2 Laphroaig1 Laphroaig2 Bowmore
アイラ島写真 
アイラ島への旅行についてのアドバイス エディンバラ2日目  グラスゴー

  

八景島と横須賀

バイクで金沢八景野島公園まで行ってみた。海の横にあることもありずっと「やちょうこうえん」だと思っていたが実は「のじまこうえん」だったことを知り、軽く衝撃を受けた。

四半世紀ほど前、親が転勤で大阪から東京に戻ることになりどこに住むか検討していた時、「横網」というところが候補に挙がっていた。相撲大好きな私は「国技館も近いし『よこづな』なんて最高」と舞い上がっていたが、その後「よこあみ」だったことが判明してテンションだだ下がりだったことを思い出す。

野鳥公園ならぬ野島公園に何の用があったのかというと、こちらのブログ読んでいたら金沢八景の忠彦丸本店の生海苔がこの時期旬で超美味い、と書かれていて(記事のかなり下の方です)居ても立っても居られなくなり、というのは大げさだが早速買って食べたくなったのだ。本当は時間があればYokosuka軍港めぐりを体験したかったのだが、家庭の事情で3時間一本勝負。都心から片道50㎞ほどなのでほとんどピンポンダッシュかタッチアンドゴーのような状態。

車だと何でもないのだが、バイクだとベイブリッジ渡る時は下の見えない中央寄りの車線走らないと怖い。高所恐怖症気味なので。磯子から三渓園、幸浦までは空いているうえ超高速コーナーの連続で、車で走る数倍気持ちいい。幸浦で高速降りて少し走ると野島公園

忠彦丸はすぐに見つかり、色々試食させていただいた上、生海苔、海苔の佃煮と焼き海苔のはねを仕入れる。とても親切なお店の女性に「どこで食事したらいいですか?」と伺ったら「アナゴの天丼ならカリビアンさん、お刺身なら八景島のシーサイドスパの中のレストラン」とのこと。ネーミングと料理のギャップが激しいカリビアンさんに行ってみることに。

野島公園駅目の前の交差点のビルの2階にあるスナックの居ぬきみたいな店に入ると、ちょうどオリンピックの男子スケートフリーの演技が行われているところだった。壁を見るとやはり、「あなご天丼のカリビアン」と書いてある。それもネオンサインで。 

f:id:KodomoGinko:20180218154102j:plain

「あなご天丼のカリビアン」級の破壊力を持つネーミングは他にないかと知恵を絞ったが「おふくろの味 ニューヨークグリル」「本格中華料理 タージマハール」「元祖もんじゃ焼きの店 道頓堀」ぐらいのパンチの効かないやつしか思いつかない。夜は「あなご天丼のカリビアン」ってネオンサインが光って駅から見えるんだよ、インパクトすごくない?カリビアン恐るべし。

そして羽生結弦選手の金メダル演技が後半に差し掛かるときにやってきたのがこちらの野菜の天ぷら盛り合わせ入りアナゴ天丼、880円也。想像以上にでかい。

f:id:KodomoGinko:20180218154122j:plain
見た目よりも意外とあっさり食べられる気がして、また時間もあまりなかったのでさくっと完食。穴子の量が少ないので穴子好きは穴子天丼を頼んだほうがよろしいかも。「あっさりしている」というのはやはり勘違いに過ぎず、中年というか初老男性の胃にはダメージ大、著しく食欲減退。晩御飯は鴨鍋にしようと合鴨肉を築地の宮川食鳥鶏卵店で1㎏近くも買ってしまったことを思い出して激しく後悔。だが高級食材を無駄にするわけにもいかず、意地っ張りなうえに食い意地も張っているので胸やけしながらも完食したよ鴨鍋。

宮川食鳥鶏卵店では鴨鍋用に切ってください、というとちょうどいい厚さに切ってくれるのでありがたい。ちょっと脂身残してもらって焼きつけたほうが上品な脂が出てよりよかったかも。家族3人では合鴨肉1枚だと物足りず2枚だと微妙に多い。でも相変わらずうまい。

f:id:KodomoGinko:20180218161127j:plain

そして若干の残尿感的なものがあったので(加齢とは関係ない)2週間後家族とともに八景島に再訪、その前に念願のYokosuka軍港巡りにチャレンジ。戦艦三笠は見たことあったのだが、横須賀軍港は初めて。

アクアラインの渋滞が湾岸線までつながっていて予約した10時のクルーズの時間に間に合わないかと思いドキドキしたが何とかなった。横須賀インターから本町山中有料道路にでてしばらく走るとショッピングセンターが見えてきて、そこからすぐ船に乗れる。

出航するといきなりディーゼル潜水艦が見えてテンション上がる。船の上から兵隊さんが帽子を振ってくれる。

f:id:KodomoGinko:20180310085450j:plain

iPhone Xで撮った動画がこちら。結構近くで見られるのが分かるかと思う。


横須賀軍港めぐり 掃海母艦うらが、試験艦あすか

原子力空母ロナルド・レーガンも入港中。保安上の理由でそもそも陸地から軍港を一望できるところはほとんどないが、その中でも一番奥まったところで作業中。ひたすらでかい。

f:id:KodomoGinko:20180310101806j:plain

天気も良く、沢山船も見られて小一時間ほどのクルーズは想像以上に楽しく、「なんで土曜日なのに早起きして出掛けるのよ」とやや機嫌の悪かった家人も満足した模様。軍港巡りのボートは右舷に乗らないと船が見えにくいのでご注意あれ。

f:id:KodomoGinko:20180310101816j:plain

その後はヴェルニー記念館を冷やかし、どぶ板通りを歩いてハニービーでハンバーガー食べる。米軍横須賀基地のど真ん前、ほぼアメリカのダイナー。

f:id:KodomoGinko:20180310102501j:plain
割としっかりした肉の感触が残るパティで、超旨いわけではないけれどアメリカの田舎町で食べたハンバーガーを思い出す。開店とほぼ同時に入ったが、食べ終わって店を出ると長蛇の列ができていた。「横須賀市民の方ですか?」と聞かれたがそうだと答えると何かいいことがあるのだろうか。(多分観光客と地元の人で値段がこっそり違うのだと思う)

そして16号線を北上し、改めて忠彦丸の海苔を買いに行く。娘は先日買ってきた生海苔の佃煮がえらく気に入ってすぐ食べてしまったので追加購入。大人にはわさび入りの佃煮がお勧め。そしてあおさ入りの焼き海苔も。家で手巻き寿司作るときにいい海苔を使うと美味しさが全く違う。試してみてください。

じゃあ帰ろうか、と幸浦に向かっていたら、小柴漁港の入り口に大漁旗が掲げられている。何か買えるかも、と思って車で入ってみると、ちょっとしたイベントをやっていた。小柴といえば江戸前のシャコ、というイメージだったのだが今はもう取れなくなってしまい、ホタテの養殖とアナゴ漁、海苔の栽培がメインのようだ。

f:id:KodomoGinko:20180310102508j:plain棒の先に糸を垂らしてクリップを付けたものをホタテ貝の隙間に突っ込んだらパクっとくわえて離さないのを引っ張り上げる、というちびっ子向けホタテ釣りをやっていて、娘はそれでホタテを1個確保。大人は1個250円のホタテを買い、その場で炭焼きにしていただいた。歯ごたえがしっかりして甘く、上品な旨みが凝縮されていて味付けなしで全く問題なし。次回はアナゴを買って家の七輪で白焼きにしておろしたてのワサビで食べたい。想像するだけでも幸せになる。

帰宅して生鮮食料品の充実した近所のスーパーで刺身買ってきて、忠彦丸の焼き海苔使って手巻き寿司。イカは醤油ではなく、大葉をしいて生海苔の佃煮とわさびを乗せて食べると旨い。横須賀は都心から1時間ほど、やはり軍事施設があるところは厚木にしろ横須賀にしろ交通の便がいいのでありがたい。近場なのに様々楽しめるのでおススメします。

 

 

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】◆マルスオリジナルセット30
価格:10000円(税込、送料無料) (2018/3/10時点)


 

 

 

tabelog.com

www.tryangle-web.com

 

tabelog.com

 f:id:KodomoGinko:20180310112723p:plain金沢八景 忠彦丸海苔|神奈川県横浜市金沢区野島|野島名産海苔 養殖/製造/直売/販売